こんなにある!web制作に必要とされる職種の代表例

司令塔であるwebデザイナー

web制作をするに当たって、すべての指揮を取る人が絶対に必要になります。webプランナーやwebデザイナーというのが、そうした役割を引き受ける人たちになるのは有名な話です。企画段階から関わって、どういった人に仕事を割り振るのかもこの人たちが決めていきます。最終的にどういったサイトができるのかも、この時点で八割がた決まってしまうのが普通です。したがって、web制作に当たっては最も重要なパートであると言えるでしょう。

スクリプトを担当するプログラマ

どういったサイトにするのかが決まれば、実際にそのサイトを構築していきます。サイト構築にはHTMLやCSSはもちろん、JavaScriptなどの知識も必要になるケースが多いです。ですから、そうとう高度なプログラミングの知識がある人がいなければ話になりません。最近の流行りはHTML5であって、これならスマホで再生できる動画までサイト内に埋め込めるので利用者の幅が広がります。実際、苦労をするのもこのパートですね。

イラストレーターも必要不可欠

web制作には、イラストレーターやCGデザイナーといった人たちの力も必要になります。プログラムだけで飾り気のないサイトは人気が出ませんから、細かい部分で高級感を出すためにこうした職種の人たちの力が求められるわけです。サイトは毎日更新をしていかなくてはならないものですから、頻繁にイラストを書いてもらわなければなりません。ですが、こうした仕事は外注で済ませられるので、正社員である必要はないかもしれませんね。

web制作のことなら業者に依頼することで、サイトデザインやSEO対策などを適切にやってもらうことが出来ます。